Believe in yourselfだけでは人生やっていけない・・よね?

 

今日はいつもと趣向を変えて、昨今、子ども向けの映画やテレビ番組を見ててよく思っていることをつらつら書いていこうと思います。

Believe in yourself! と言う風潮

日本以上にアメリカの今の風潮として強いなーと思うのが、こういうメッセージです。

Just be yourself! (自分らしく、ありのままで!)
Believe in yourself and your dream will come true!
(自分を信じれば夢は叶う!)

 

自己イメージ、自己肯定感などという言葉が日本でもよく聞かれます。

特に子ども時代に、

「君はできる」「君はすごい」「君は愛されてる」と

無条件に言ってもらうことができなかった、という人もたくさんいて、それがその後の人生でも自信のなさや無力感、無気力、生きづらさなどにつながる、と。

だから、そういう無条件にポジティブなメッセージをたくさん送ろう!というものに、私も激しく同感なんです。

自分の子どもにも、
「〇〇をしたからえらい」とか
「〇〇だから好き」じゃなくて、

「何をしなくてもとにかくすごい」とか
「大好きなことに理由はない」

という伝え方を、たまに意識的にするように心がけていたりもします。

現実はそんなに甘くない

ここからは、そんなポジティブさに水を差すような話なんですが・・

実際には、自分に自信さえあれば人生なんでもうまくいくとか、やりたいことを見つけて全力で頑張れば夢は必ず叶うとか、そんなことはないはずじゃないでしょうか。

この間、

Trust in yourself and you will be a great ballerina!

っていう一節が、子どもと一緒に見ていた何かの番組であったんですけど、ひねくれてる私は、それって微妙にウソを教えてない?って思ってしまいました。

自信がないからバレエを始められない人には

「なんでもやってみることだよ!自信持って!」

で間違ってないと思うんです。

※「ダメ元」の記事にそういう励ますフレーズをいっぱい載せてるので、
英語でもぜひ周りの人を励まして元気にしてください!
ダメ元の過去記事

 

でも、Great ballerina になれるかどうかは、

持って生まれた体の柔らかさ、リズム感、芸術的センス、
どれだけ練習やトレーニングに自分を懸けられるか、
それを応援してくれる人が周りにいるかどうか、
経済的にそれが可能かどうか、
良いライバルや師に出会えるかどうか、

そういうことにかかってる部分も大きいはずですよね。

ポジティブな態度はポジティブな結果を引き寄せるというのは事実だと思いますが、ポジティブだったらなんでもうまくいくわけではない。

幼い頃から「自分に自信もってトライしてみれば何でもできる!」と教え込まれていくと、自己肯定感を通り越して行き過ぎた「自己すごい感」を持つようになってしまうのではないか。

根拠の全くない「自己すごい感」しか持ち合わせてない場合、現実世界で待ち受ける数々の挫折を、どうやって消化していけばいいんでしょうか。

「それでも自分は大丈夫」と思えることが大事

だから、失敗や挫折、向いてないという現実、タイミングを逃してしまったという現実、そういう状況をどう乗り越えて自分の糧としていけるかを教えることが、無条件の人格肯定を繰り返すのと同じくらい大事なのでは、と思うんです。

 

さきほどのバレリーナの例で言えば、

客観的に見て Great ballerina じゃなかったとしても、
コンクールで賞が取れなくても、
他の子が難しい技をどんどんマスターしていく中で置いて行かれていたとしても、
どこかの偉い先生に「向いてない」と言われてしまっても、
最終的に有名バレエ団に入団する夢が叶わなくても・・・

それでも!

「私にとってはあなたは Great ballerina だよ!」

と言ってくれる人がいる。

あの人はどんなことになっても味方になってくれるだろうな、
と思える人が人生の中にいる。

それこそが本当に支えになる自己肯定感じゃないかなぁ、と、

そんな風に思うんです。

 

「自分大丈夫」感を育てる名作英語絵本の紹介

そんなことを日頃から思っている私の心の琴線に触れたのが、

Dr. Seussの「Oh, the places you’ll go!」という絵本。

Dr. Seussは「ドクター・スース」と読むんですが、アメリカでは不動の人気を誇る伝説の児童絵本作家です。すべての作品で全編にわたって韻を踏んでいるというのも作風の特徴で、子どもに読み聞かせるのが楽しくてしょうがない、そんな素敵な作家さんです。

※「韻を踏む」というのは Rhyming と言って英語という言語には欠かせない要素で、通じやすい発音を身に着けるためにも役立つコンセプトだと思うので、今度紹介したいと思います!

ちょっと長いんですが、とってもいい本なので以下に全文を引用します!

 

Oh, the Places You’ll Go!

by

Dr. Seuss

Congratulations!
Today is your day.
You’re off to Great Places!
You’re off and away!

You have brains in your head.
You have feet in your shoes.
You can steer yourself
any direction you choose.
You’re on your own. And you know what you know.
And YOU are the guy who’ll decide where to go.

You’ll look up and down streets. Look ‘em over with care.
About some you will say, “I don’t choose to go there.”
With your head full of brains and your shoes full of feet,
you’re too smart to go down any not-so-good street.

And you may not find any
you’ll want to go down.
In that case, of course,
you’ll head straight out of town.

It’s opener there
in the wide open air.

Out there things can happen
and frequently do
to people as brainy
and footsy as you.

And then things start to happen,
don’t worry. Don’t stew.
Just go right along.
You’ll start happening too.

OH!
THE PLACES YOU’LL GO!

You’ll be on y our way up!
You’ll be seeing great sights!
You’ll join the high fliers
who soar to high heights.

You won’t lag behind, because you’ll have the speed.
You’ll pass the whole gang and you’ll soon take the lead.
Wherever you fly, you’ll be best of the best.
Wherever you go, you will top all the rest.

Except when you don’t.
Because, sometimes, you won’t.

I’m sorry to say so
but, sadly, it’s true
that Bang-ups
and Hang-ups
can happen to you.

You can get all hung up
in a prickle-ly perch.
And your gang will fly on.
You’ll be left in a Lurch.

You’ll come down from the Lurch
with an unpleasant bump.
And the chances are, then,
that you’ll be in a Slump.

And when you’re in a Slump,
you’re not in for much fun.
Un-slumping yourself
is not easily done.

You will come to a place where the streets are not marked.
Some windows are lighted. But mostly they’re darked.
A place you could sprain both your elbow and chin!
Do you dare to stay out? Do you dare to go in?
How much can you lose? How much can you win?

And IF you go in, should you turn left or right…
or right-and-three-quarters? Or, maybe, not quite?
Or go around back and sneak in from behind?
Simple it’s not, I’m afraid you will find,
for a mind-maker-upper to make up his mind.

You can get so confused
that you’ll start in to race
down long wiggled roads at a break-necking pace
and grind on for miles cross weirdish wild space,
headed, I fear, toward a most useless place.
The Waiting Place…

…for people just waiting.
Waiting for a train to go
or a bus to come, or a plane to go
or the mail to come, or the rain to go
or the phone to ring, or the snow to snow
or the waiting around for a Yes or No
or waiting for their hair to grow.
Everyone is just waiting.

Waiting for the fish to bite
or waiting for the wind to fly a kite
or waiting around for Friday night
or waiting, perhaps, for their Uncle Jake
or a pot to boil, or a Better Break
or a string of pearls, or a pair of pants
or a wig with curls, or Another Chance.
Everyone is just waiting.

NO!
That’s not for you!

Somehow you’ll escape
all that waiting and staying
You’ll find the bright places
where Boom Bands are playing.

With banner flip-flapping,
once more you’ll ride high!
Ready for anything under the sky.
Ready because you’re that kind of a guy!

Oh, the places you’ll go! There is fun to be done!
There are points to be scored. There are games to be won.
And the magical things you can do with that ball
will make you the winning-est winner of all.
Fame! You’ll be as famous as famous can be,
with the whole wide world watching you win on TV.

Except when they don’t
Because, sometimes they won’t.

I’m afraid that some times
you’ll play lonely games too.
Games you can’t win
‘cause you’ll play against you.

All Alone!
Whether you like it or not,
Alone will be something
you’ll be quite a lot.

And when you’re alone, there’s a very good chance
you’ll meet things that scare you right out of your pants.
There are some, down the road between hither and yon,
that can scare you so much you won’t want to go on.

But on you will go
though the weather be foul.
On you will go
though your enemies prowl.
On you will go
though the Hakken-Kraks howl.
Onward up many
a frightening creek,
though your arms may get sore
and your sneakers may leak.

On and on you will hike,
And I know you’ll hike far
and face up to your problems
whatever they are.

You’ll get mixed up, of course,
as you already know.
You’ll get mixed up
with many strange birds as you go.
So be sure when you step.
Step with care and great tact
and remember that Life’s
a Great Balancing Act.
Just never foget to be dexterous and deft.
And never mix up your right foot with your left.

And will you succeed?
Yes! You will, indeed!
(98 and 3/4 percent guaranteed.)

KID, YOU’LL MOVE MOUNTAINS!

So…
be your name Buxbaum or Bixby or Bray
or Mordecai Ali Van Allen O’Shea,
You’re off the Great Places!
Today is your day!
Your mountain is waiting.
So…get on your way!

(引用終わり)

本作はイラストもとっても特徴的で、作品の大きな一部となっているので、ぜひ書店で見つけてみてください!

日本語にも翻訳されているようで、翻訳版は私は読んだことないんですが、日本語タイトルは「きみの行く道」というそうです。

 

まとめ

以前書いた「ハーフ」についての記事と同じく、英語のこなれ表現からはすこし離れた内容になりましたが、読んでくださった方ありがとうございました!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です