使うだけで一気にこなれる!超短い英語フレーズ15選

 

今日は、何気ない日常の一言で、「この人の英語こなれてるな」とか「けっこうペラペラだな」という印象を与える短いフレーズを紹介したいと思います。

1語~3語のほんとに短いフレーズで、しかも日常で使う機会が多いものに絞りました。早速どんどん見ていきましょう!

Sure thing. 「いいよ!」

何かを頼まれた時などの定番の答え Sure!(いいよ!)の代わりに使える Sure thing! というフレーズがあります。

意味は Sure とまったく同じ快諾の意味ですが、「いいとも!」というようなニュアンスで、若者というよりは中年以上の年齢層がよく使うイメージかもしれません。

Tessa
Hey can you give me a hand with this real quick?
(ちょっとこれ手伝ってくれない?)
John
Sure thing.
(いいよ。)

※Give me a hand で「ちょっと手伝って」です。

 

Tessa
Do you think you could go pick up John at the airport on Friday?
(金曜日、ジョンを空港に迎えに行ってもらえないかな。)
Brad
Sure thing.
(いいよ。)

 

Will do. 「うん、やっとく」

I will do it. を略したフレーズです。「〇〇やってね」と何かを頼まれた時などに、OK. などと言う代わりに言ってみてください。

Tessa
Make sure you turn all the lights off when you go to bed.
(寝る時 電気 全部 消すの忘れないでね)
John
Will do.
(わかった。)

 

Ann
Say hi to your parents for me, OK?
(ご両親によろしく言ってね。)
Chris
Will do.
(うん、伝えとく)

※Sure thing は「〇〇やってくれない?」に対して「やってあげるよ」というニュアンス、Will do は「〇〇やっといてね」に対しての「うん、やっとくよ」という微妙なニュアンスの違いがあります。

 

Yeah, right. 「よく言うよ」

皮肉っぽい表現の多いアメリカ文化ですが、これもその一つです。基本的に、同意できない内容に対して Yeah, right!(うん、そうだね)と反対のことをあえて言うことで、「何言ってんだか」というようなニュアンスになります。言い方がポイントなので、音声を聞いてくださいね。

Chris
Tomorrow, 10 o’clock. Don’t be late!
(明日10時、遅れるなよ!)
Brad
I’m never late.
(俺は遅れないよ。)
Chris
Yeah, right. 
(はいはい。)

 

Jenna
Chris said you cried watching Finding Nemo.
(クリスが言ってたけど、ファインディング・ニモ観て泣いたんだって?)
Tim
Yeah, right!
(そんなわけないだろ!)

他にも、「よく言うよ!」と言いたい時にもぴったりくるフレーズです。

 

Nice! 「おーいいじゃん!」

「おーいいじゃん!」とか「いいね~」といったニュアンスになります。たとえば何かで得をした話しとか、いいことがあったという話しに対して使います。

Jenna
Look at all the strawberries I got for 3 bucks!
(見て、3ドルでこんなにたくさんイチゴ買えた!)
Tim
Nice!
(おーすごい!)

 

Tim
My parents are buying a new car so I’m getting their old one.
(うちの親が新しい車買うから、今使ってるやつ俺がもらうんだ)
Brad
Nice!
(おーいいね!)

 

Sweet! 「やったー!」

「やった!」「おーラッキー!」といったニュアンスで使います。

Tim
Sweet! My afternoon class got canceled.
(やった!午後の授業休講になった。)

 

April
That parking spot right by the door just opened up.
(あの入口のすぐ脇の駐車スペース、今車が出たよ。)
Brad
Sweet!
(おーやったー!)

It’s all good. 「大丈夫だよ」

All good (すべて良し)だよ、が直訳で、「ごめん~」と謝られた時の「大丈夫だよ」にもなるし、「怒ってる?」「壊れちゃったかな」など、何かが良くない状況になって気分を害してるんじゃないかと案じる相手に対して、「大丈夫だよ」「心配いらないよ」と伝える表現です。

April
Are you mad that John didn’t call to tell you he was gonna come home late last night?
(ジョンが昨日帰り遅くなるって電話してこなかったこと怒ってる?)
Tessa
No, it’s all good.
(ううん、全然怒ってないよ。)

 

April
I’m sorry I took so long to reply last night. I didn’t realize my phone wasn’t on.
( 昨日の夜は返信が遅くなってごめんね。携帯の電源がオフになってることに気づかなかったんだ。)
Tim
It’s all good. I do that all the time.
(大丈夫だよ。俺もしょっちゅうやるから。)

 

Ann
Did I steal your seat?
(もしかしてここ座ってた?)
Brad
No, it’s all good. I prefer the window seat anyways.
(座ってたけど大丈夫だよ。窓際の席の方が好きだから。)

 

No worries. 「大丈夫だよ」

これも謝られた時に「大丈夫だよ」と返す表現です。Don’t worry about it. とほとんど同じニュアンスのフレーズになります。

Ann
Sorry I couldn’t make it to the meeting.
(ミーテイング行けなくてごめん。)
Chris
No worries.
(うん大丈夫。)

 

他にも、「これで大丈夫かな?」と案じている人に対しての「大丈夫だよ」にもなります。

April
I didn’t bring any towels. 
(タオル持ってこなかった。)
Tessa
No worries. We have plenty you can borrow.
(大丈夫。貸せるやつたくさんあるから。)

 

Got it. 「わかった」

Get it が「理解する」という意味のスラングです。誰かの説明などに対して Got it. と返すと「分かった。」という意味になります。

Tim
Hey can I borrow your charger? My phone’s almost dead.
(ちょっと充電器借りていい?俺の携帯もう充電切れそう。)
Ann
Yeah, go ahead. It’s on top of the books on that desk.
(いいよ。その机の本の上のやつ。)
Tim
Got it, thanks.
(分かった。ありがと。)

 

What the heck? 「はぁ?!」

「はぁ?」「何これ!」というような、軽い驚きや混乱、怒りなどを表す表現です。詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

→ https://konare-english.net/what-the-heck/

 

Let’s see.  「えーっと、ちょっと待ってね」

直訳は「一緒に見てみましょう」になりますが、「えーっと」と言いたい時に Ummm の代わりに使えるフレーズです。特に、自分のことではないことを聞かれた時に、「えーっと、ちょっと待ってね、確か・・」という感じのニュアンスです。

Tim
Do you know what time Jenna gets off work today?
(今日ジェナって何時にバイト終わるか知ってる?)
Ann
Let’s see, I thought she said she had an early shift today, so 4 would be my guess.
(えーっと、今日は早番だって言ってたと思うから、4時じゃないかな。)

 

April
What do you think Brad wants for his birthday?
(ブラッドの誕生日に何あげればいいと思う?)
Chris
Let’s see, he was really into hats for a while. Does he still like hats?
(えーっと、しばらく帽子にすごい凝ってたよね。今も帽子好きなのかな。)
April
Oh yeah, I think he is.
(あー、そうだった。今も好きだと思う。)

 

Not again. 「またかよ」

「またかよ!」と言いたい時に使います。

April
I think you’re getting pulled over.
(後ろのパトカーが停車するように言ってるよ)
Tim
What? Not again! I just got a ticket last week.
(えぇ?またかよ!先週切符切られたばっかりなんだけど。)

 

Chris
Looks like the manager is mad at you.
(店長がジェナに怒ってるっぽいよ。)
Jenna
Oh no, not again. What did I do this time?
(げー、またぁ?今回はなんだろ。)

 

I bet. 「だろうね」

「そうだろうと思うよ」と相手の言ったことに同意する表現です。I bet は直訳的には「賭ける」という意味で、「それが正しい方にお金を賭けたいぐらい強く同意する」ということになります。

Jenna
I’ve been feeling so tired all day.
(今日は一日中すごい疲れてる。)
Ann
Oh I bet. You had a long day yesterday.
(そりゃそうでしょ。昨日は忙しかったからね。)

 

I bet it is. I bet you are. などのように、I bet のあとに主語+動詞をつなげることもできます。

April
So last week when we were in LA, we saw Selena Gomez and Jenna was freaking out.
(先週ロスに行ったらセリーナ・ゴメスがいて、ジェナが大騒ぎしてたんだ)
Tim
I bet she did. She loves her.
(だろうね。大ファンだもんね。)

 

Nice try. 「そうはいかないよ」

誰かがこっそり何かをしようとしたのを見つけて一言、Nice try. と言ってみてください。「そうはいかないよ」というような意味になる表現です。

Ann
Did you just try to eat my ice cream while I wasn’t looking? Nice try.
(今あたしが見てない間にあたしのアイス食べようとした?そうはいかないよ。)

 

Tessa
I heard about the DUI. You can’t keep acting so irresponsibly Brad.
(飲酒運転の事聞いたよ。そんな無責任なことばっかりしてちゃダメよ。)
Brad
Yeah, I know. I’ve been sober since last Friday. I even went to the gym this morning. Have you been to the one right by your house? It’s so nice there.
(うん、分かってる。金曜日以来飲んでないし、今朝はジムにも行ったんだ。テサの家のすぐ隣のジム行ったことある?すごいいいよ。)
Tessa
Are you trying to change the subject? Nice try.
(話題変えようとしてる?そうはいかないよ。)

 

Where to? 「で、どこ行くの?」

Where are you going?(どこに行くの?)という意味のフレーズです。相手が「〇〇に行くんだ」と言ったけど、具体的にどの場所に行くのかはっきり言わなかった時のフォローアップ質問として使われることが多いです。

Chris
I’m going on a vacation next month.
(来月休暇取って旅行行くんだ。)
Brad
Oh, where to?
(へー、どこに?)

 

もう一つのパターンは、車に乗って一緒に出掛ける際、運転手である自分が行先が分からない時に「で、どこ行くの?」という場合です。

Chris
Let’s go get lunch.
(昼ご飯食べに行こう。)
Ann
OK, I’ll drive.
(オッケー。あたし運転する。)

ーGet in the car 車に乗りこむー

Ann
So, where to?
(で、どこ行く?)

このフレーズを一番多く使うのはタクシーの運転手さんかもしれません。

 

つまり、どこかに行くことは分かってるんだけど、具体的な行先が分からない時に「で、どこに?」と聞くニュアンスです。

 

Says who? 「誰がそんなこと決めたの?」

「そんなこと誰が言ったの?」とか「誰がそんなこと決めたの?」というニュアンスのフレーズで、たとえば「それはしちゃダメなんだよ」などと言われて納得がいかない時に言うことができます。

Chris
You can’t mix gold and silver jewelry.
(ゴールドとシルバーのアクセを一緒につけちゃダメなんだよ。)
Ann
Says who? I can do whatever I want.
(誰がそんなこと決めたのよ。あたしはあたしがしたいようにするから。)

 

まとめ

短いフレーズほど、微妙なニュアンスをしっかりつかんで使いこなしたいですよね!実際に使われている状況を観察して感覚をつかんでみてください。

今日紹介したものは、使えば「お?なかなかこなれた英語話すな。」と一目置かれると思うので、ぜひ使ってみてください!

 

ではでは今日はこのへんで!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です