「Bag」の日本語は当然「バッグ」と思いきや・・?!

「Bag」 と言えば、中学英語でも最初の方に習う、基本中の基本単語ですよね。

その意味と言えば、もうそのまま「バッグ」だと信じて疑わない人も多いんじゃないでしょうか。

 

でも実は、アメリカ英語の「Bag」は日本語の「バッグ」とはちょっとニュアンスが違うので、注意が必要になる時があります。


アメリカ英語で単に「Bag」と言うと、「バッグ」というよりは「袋」というイメージになることが多いんです。

たとえば、「Plastic bag」と言えばz「ビニール袋」「Paper bag」と言えば「紙袋」という感じ。布製のものでも、エコバッグとかトートバッグのような簡易的な作りの実用的なものだったり、小さいビニール袋やジップロックなどの「袋」が「Bag」のイメージです。他にも「土嚢」のような、個人の持ち物を入れる用途ではない「袋」についても「Bag」が使われます。

 

逆に日本語の「バッグ」にあたる言葉は、種類によって言葉を足したりして使い分けています。人によっても若干の使い分けルールの違いはあると思いますが、

女性が持つバッグは「Purse」
※アメリカ英語では、ハンドバッグ、ショルダーバッグなど形状は色々でも、女性用のバッグ全般を指す言葉です。

リュックサックは「Backpack」

ダッフルバッグは「Duffel bag」

ビジネスバッグは「Laptop bag」「Briefcase」

などと呼ぶのが一般的です。

 

会話の中では、日本語の「バッグ」のように「持ち物を入れて持ち歩くためのもの」全般を指して「Bag」と言うこともありますが、

April
Have you seen my bag?
(私の「バッグ」知らない?)

とだけ言うと、ビニール袋なども含めた意味になってしまうので、

Tim
What kind of bag?
(どういう袋?)

と説明を求められると思います。

 

カタカナ語として定着している単語ほど、当然同じ意味だと思って調べることをせず、微妙なニュアンスを間違って使い続けるという「あるある」だと思います。

基本単語の「Bag」、正しく意味をとらえて使いこなしてみてください!

 

ではでは今日はこの辺で失礼します!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です