「そこまでする価値ある?」Worthを使ったこなれた英会話表現。

日本語ではあまり使わないけど英語ではよく使う言葉、というのがありますが、Worth というのもその一つじゃないかと思います。

「価値」というような意味の言葉ですが、この Worthを使うフレーズを早速見ていきましょう!

Get my money’s worth

money’s worth つまり「払ったお金の価値に値するもの」をゲットする。
=「元を取る」という表現です。

April
Brad said he skipped lunch for this.
(ブラッドこれのためにお昼抜いてきたらしいよ。)
Ann
He’s here to get his money’s worth, isn’t he?
(元取る気満々だね。)
April
Yeah, he doesn’t mess around when it comes to buffets.
(食べ放題に関してはめっちゃ本気出すからね、あいつは。)

 

Make it worthwhile

Worthwhile が「その価値がある」という意味なので、「それを買う価値があるようにする」というような直訳になると思われます。

下の例文のように、It の代わりに具体的な対象となる名詞を挿入することもできます。

John
How many times do I have to go to make the year pass worthwhile?
(何回行けば年パスの元が取れるの?)
Tessa
I think 3 times? I remember thinking it was pretty good.
(3回かな?けっこう割いいなって思った記憶がある。)

 

Worthwhile というのは金銭的な価値のことだけでなく、一般的に「価値や意義がある」という意味なので、次の例文のように「元を取る」とは違うニュアンスで使われることも多いです。

John
What’s your plan for making this exchange program worthwhile?
(この交換留学プログラムを意義あるものにするためにどんなことを考えてる?)
April
I’ll make sure to work hard and be adventurous.
(たくさん頑張ることと、冒険心を持ってのぞむこと。)

ここでも Make it worthwhileの It の代わりに This exchange program を入れています。

 

このフレーズだけで誰かに言った場合は、「このために払った犠牲やお金に見合う経験にしなよ!」と激励する(または釘をさす?)表現になります。

April
Thanks for allowing me to quit school to follow my dreams.
(学校辞めて夢を追うことを許してくれてありがとう。)
Tessa
Well, make it worthwhile!
(後悔しないように頑張りなよ!)

 

It’s not worth it.

これも非常によく聞く表現で、「その価値ないよ」が直訳ですが、主語の It や目的語の It  を色々な物や人に置き換えると様々な意味に変化する便利なこなれ表現です。

たとえば、ケンカを止めに入る時の定番のセリフです。

Chris
Get off the couch, you lazy freeloader.
(ソファ座ってんなよ、ごくつぶしめ)
Brad
What did you just call me?!
(今俺のことなんつった?!)
Ann
Stop it. It’s not worth it.
(やめなよ。ケンカしてもしょうがないでしょ。)

※Freeloader とはお金を払わないで便乗する人のこと。

ここで言う「その価値」とは、ケンカするほどの価値のある相手ではない、という意味にも取れるし、それをめぐってケンカするほど大事なことじゃない、という意味にも取れますが、どちらにしても「そんなことしても得にならないんだからやめておけ」という意味になります。

このように、誰かがバカなことをしようとするのを止める時に様々に使える便利表現です。

Brad
How many likes do you think I’ll get if I did this?
(これやったら「いいね!」何個つくと思う?)
Tim
Don’t do it. It’s not worth it.
(やめろよ。そこまでする価値ないだろ。)

 

It’s not worth the price (price tag).

高額な物に関してそこまで払う価値はない、と言う言い方です。

Jenna
How do you like your new designer purse?
(新しいブランドバッグはどう?)
Ann
Honestly, I don’t think it’s worth the price. It’s already showing some wear.
(正直値段ほどの価値はないね。早くも使用感出てきてるし。)

 

Jenna
I really want to try that $100 foundation! What do you think?
(あの100ドルもするファンデ試してみたいんだよね!どう思う?)
April
You should do some research and see if it’s really worth the price tag.
(本当にそれだけお金出す価値があるのかどうかリサーチした方がいいよ。)

※Price tag は「値札」のことで、「値段」と全く同じ意味で使っています。

Was it worth it? It was so worth it.

相手がやるかどうか迷っていたことについて、「やる価値はあった?」=「やってみてよかった?」と聞く表現が Was it worth it? です。

Tim
I can’t believe you actually did it! Was it worth it?
(ほんとにやったんだ~!やってよかった?)
Brad
Don’t ask.
(聞かないで)

 

やめときなよ、と忠告したのにも関わらず押し切って何かをした人や、普通に考えてやらないようなことをやった人に皮肉って聞く表現にもなります。

Tessa
So I heard you went ahead and took out a loan to buy a car to impress a girl. Was it worth it?
(好きな子にモテるためにローン組んで車買ったらしいね。やってよかったと思ってる?)
Brad
I mean, yeah. She did go out with me….. once.
(いやまあ、うん。デートできたし・・1回だけ)

 

どうだった?と聞かれて「やる価値あった!」「やってよかった!」と答えるなら It was worth it! となります。

Chris
How was your expensive lesson?
(高いお金出したレッスンどうだったの?)
April
It was so worth it! I learned a lot.
(やって良かったよ!学ぶことがたくさんあった。)

 

まとめ

前にシャンプーか何かのCMで
「あなたにはその価値があるから」
というキャッチフレーズがありましたが、

Because you are worth it. を翻訳したものだったのかなぁ、と今思い出しました。

日本語ではあまり言わない表現ですが、Worth を多用する英語圏では日常的にも聞くことのあるフレーズです。

April
Thank you for coming all the way to see me!
(はるばる会いに来てくれてありがとう!)
Tessa
Of course, you’re worth it!
(もちろんよ~、エイプリルにはその価値があるから!)

 

恋人同士のような特別な間柄じゃなくてもこんなキザなフレーズが日常的にまかり通るのが英語圏、なのかもしれません。

 

それでは今日はこのへんで!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です